読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

理想のキッチンってどういうの?

 京都市伏見区の不動産会社プラスホームかやまです。早いものでもう5月です・・・。今日からクールビズが始まったようですね。私は暑がりなので年中クールビズみたいな恰好をしておりますが(スイマセン)。

 さてさて家を買うにあたって私も色々なご家族と出会ってきましたが、大体ご夫婦で思いが違い、大体奥様の意見が優先されます(笑)。その奥様がこだわられているのはやはりキッチン。みなさんそれぞれの思いがあるようです。でも理想のキッチンってどんなのでしょうか?

 最初に言っておきますが私かやま、料理は一切やりません!その昔、一人暮らしをしている時に卵焼きと焼き飯を作ったのですがそのセンスの無さに愕然とし以来、私は食べる事に専念する決意をしました。(じゃあキッチンについて語るなよと言われそうですが・・・)

 キッチンをもし一から考えるならどういう使い方をするか?を考えるべきだと思います。例えば、最近は(私以外の男性は)料理をされる方も多いと思います。ですから夫婦そろって料理をされるご家庭も多いでしょうし、お子様と一緒に料理をしたいというお母様もいらっしゃるでしょう。かやま家も娘たちが可愛いかった頃は小さい時は奥さんと一緒によく作ってました。(今となっては過去の思い出話に過ぎませんが・・・)また、キッチンは主婦の聖域だから入ってくるなという方もいらっしゃいます。
 最近は色々なキッチンの種類があり、理想を言えば広くて設備も充実してなどキリがありません(タイトルは理想のキッチンってなってるやんと言われそうですが)。大きく分けると一人で作るのか、複数で作るのかの2つのパターンになるような気がします。

 多くの方にとって現実的なのが壁付キッチンか対面キッチンかだと思います。実際どっちがいいのかは考え方とお部屋の形状や広さによって違います。
f:id:plushome:20170501095526j:plain
壁付けキッチン
f:id:plushome:20170501095540j:plain
対面キッチン

 複数で作りたいので大きなスペースをキッチンに確保したい場合は壁付キッチンが比較的確保しやすいと思います。ただスペースが広いという事は無駄に動く必要があり一人で作る場合は面倒になります。
 一人で作る場合は対面キッチンにすることで無駄なスペースを抑えられ作りながら子供が視界に入りやすいので安心というメリットがあります。ただ作っている料理の匂いが広がりやすいというデメリットがあるかもしれません。

 どちらも一長一短あり、どちらが優れているという事も無いですし、これら以外にも色々なキッチンがあります。新築だけでなく最近はリフォームによっても色々なやり方ができます。先ほども書いたように間取りや広さによっても違いが出ますのでじっくりと工務店や不動産担当者とあ~でもないこ~でもないと相談しながら考えていきましょう!それがお家を作る楽しみでもあります。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村
プラスホームオフィシャルサイト