プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

銀行はあなたの勤務先・勤続年数を見てますよ!

 京都伏見小栗栖にある不動産会社プラスホームかやまです。

 昨日、弊社のお客様の新居のお引越しがあり、少しご挨拶に行ってきたのですが私の元気の源「あなたに会えてよかった!」という言葉を頂きました。この言葉を聞くために自分で不動産会社を始めたようなものなので何度聞いても本当にうれしくなります。

f:id:plushome:20170517101535j:plain

 これでまたしばらく頑張れそうです!

 さて、今日から何回かに分けて銀行は住宅ローンの審査の際どこを見ているのかについて書いていきたいと思います。

 まずは、勤務先です。

 以前は、上場企業に勤務してるとか、公務員であるということはかなり有利な条件でした。
 今は、上場企業でも不安定である事もよくあるので必ずしも有利というわけではありませんが、プラス材料ではあります。

f:id:plushome:20170529091217j:plain

 結局、銀行側はお金を貸す立場として、どれだけ心配材料を減らすかという事が大きな要素であり大前提です。

 ですから、倒産する可能性が低い公務員、上場企業というのはそれだけで魅力的になります。

 反対に、中小企業、さらに自営業者となっていくとやはり倒産するリスクが上がっていくので若干不利になっていきます。ただ、先ほど書きましたように上場企業も倒産する時代。それだけで決まってしまうほど銀行も能天気ではありません(笑)。ここはあまり気にする必要は無いかと思います。


 次に勤続年数です。これも以前は最低3年以上と言われていました。今は1年以上(できれば2年)であれば住宅ローンを組めるケースがあります。

 以前は終身雇用が当たり前で、勤続が3年以下であるということはマイナス要素でしかありませんでした。
 今は、そうでなく例えば、今より条件を良くするランクアップのための転職というのもあります。また、以前ほど企業に対する信頼がない今、転職に対して昔ほど否定的でなくなってきた事もあるかもしれません。銀行側もそこは寛容になってきたと思います。

 ただ、だからといってむやみに転職を繰り返しているような方は銀行側の信頼を得る事は難しく、審査は厳しいものになります。

 ですから、転職についても正当な理由が必要となりますし問われます。例えば勤務先が倒産したという理由はご本人に関係なく、一見正当な理由に見られそうですが、実はあまりいい印象でなく、マイナス要素ですらある場合があります。おそらくですが、社員にも倒産の原因はあると考えてるのかもしれません。

 転職で一番良い印象なのはヘッドハンティングです。例えば、同じ転職だとしても同業種と異業種では印象が変わります。ヘッドハンティングと見なされれば例えば勤続1年未満でも融資可能です。

 ただ基本どういう形にせよ、1年以上の勤続が絶対条件として挙げられますが、大切なのは源泉徴収票上1年以上の給与があるかどうか、1年以上勤続していたとしても例えば、6月から転職したとして、翌年の6月を超えたから住宅ローンが組めると思っても、ややこしいですが源泉上6月~12月の収入しかありません。次の源泉徴収票をもらわない限り住宅ローンが組めない事もありますので注意が必要です。(実際は他に対処の仕方もありますが)


にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp