プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

銀行はあなたの年齢と健康状態を見てます!

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 先日ご契約いただいた方も私のように事業をされていらっしゃって、少しお話が盛り上がった中でその方は、「我々のような小さな会社は大手と同じ土俵で勝負はできない。だからこそ余計に、一人ひとりのお客様に対し真摯に向き合い、何がその方にとって本当に大切なのかを考えないといけない」とおっしゃられてました。


 こういうお仕事をしていると本当にたくさんの出会いがあり、色々な事を教わる事ができます。
 改めて、この仕事に感謝し、出会いに恵まれている事に感謝ですね。

 さて今回は、住宅ローン審査で銀行が見ている点、「年齢」と「健康状態」について書いていきたいと思います。

f:id:plushome:20170531091247j:plain


 まず、年齢についてですが、これは銀行によってバラバラです。大体完済時(払い終わる年齢)が75歳~80歳の間が制限年齢となってます。

 ですから、逆に言えば35年間のフルローンを使おうとすれば40歳~45歳までの間にローンを組まないといけないと言う事です。(少しイレギュラーな事をすれば超えてくる事も可能ではありますが)


 ただ、実は話はそう単純ではなく、実際の審査では大きな目安として定年を見ています。具体的なことはわかりませんが、この定年時にどれくらい返せているのかというのを大きく見ているようです。

 例えば、60歳定年の方が40歳の時に住宅ローンを組むとすれば、実際に働いてる期間は20年、定年後が20年、それでは少し苦しくなりませんかというのが銀行の審査になります。(実際は子供の養育費などが減ったり生活費が収まってくる部分もあるのですがマイナス部分を見るのが銀行の審査ですので)


 これは私の経験上の考えなので根拠はありませんが、銀行側は住宅ローンのスタートを40歳をひとつの目安にしているような気がします。それ以下であればスムーズで、それ以上であれば少し色々な事を聞いてくる気がしてます。

 私は個人的にこの年齢が実は一番大きな要素のような気がします。



 次に、健康状態ですが、これは銀行の住宅ローンを組むうえで加入しないといけないのが団体信用生命保険(以後、団信と呼びます)です。

f:id:plushome:20170531091316j:plain

 聞いた事があるかもしれませんが、簡単に言いますと、住宅ローンを組んだ方が病気などになられたり、亡くなられたりした場合、住宅ローンは返さなくてもよくなるいわゆる生命保険です。
 借りておられる方にとっても安心ですが、貸す側、つまり銀行にとっても安心であるため(支払いは保険会社が行うので)、絶対に入らなくてはいけないのです。

 つまり、健康状態が悪い方はこの団信に入れず、入れないと言う事は住宅ローンが組めないという事になります。

 過去2年以内に定期的な投薬、通院、入院などされた方は少し注意です。その理由は意外と幅広いので意外な理由でアウトなんてお客様もかつていらっしゃいました。

 銀行によって使っている保険会社が違いますので○○銀行はダメだったが□□銀行はOKでしたなんてこともあります。ただ、その健康状態によって選べる銀行が限られたり、最悪住宅ローンが組めないなんて事もありますので注意が必要です。


にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp