プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

住宅ローンが残っているのにお家を買い換えるってできる?

 京都伏見の小栗栖にある不動産会社プラスホームかやまです。明日からいよいよ雨が降るのかと思ったら、明日だけのようですね?水不足大丈夫でしょうか?

 さてさて、お家を売りたいんだけどいくらぐらいで売れる?というお問い合わせは当社にもよくあります。そのときに私たちが必ず聞くのが「なぜ売るんですか?」という質問。お家を売るにあたり実はこの売る理由が大切なのです。


 最近多いのが離婚、お金が必要、転勤、買い替えです。中には興味本位のお問い合わせだったりすることも多いですが、一番多いのが買い替えでしょうか(最近は残念ながら離婚がかなり増えています)。

 買い替えと一言で言っても子供も大きくなってきて、部屋を増やしたい、大きくしたいという買い替えだったり、逆に子供が独立して部屋が多すぎるから小さくしたいという買い換えもあります。

 小さいところに買い換えたいと言う方は大体、ご年配の方で、住宅ローンもほぼひと段落しており、売れた金額で次のお家を買うという方も多いのですが、大きなお家に買い換えたいと言う方は、住宅ローンも多く残っており、最近は諸費用も含めてローンを組まれるので、物件価格以上のローンを組まれている方も多く、お家を売る金額以上のローンが残っている方も多いのが実情です。

 そうなると、売った金額では住宅ローンを返すことが出来ません。だとすれば、買い換えってできないの?そんな方もたくさんいらっしゃるでしょう。
 結論を言えば、住宅ローンが残っていても買い換えはできます。

 売った金額-住宅ローン残額=マイナス

 このマイナスを次、買い換える住宅ローンに組み込むことができるのです。昔は買い換えローンなどと言って商品があったのですが、最近は単体での商品と言うものはあまり目にしないですが、おそらく銀行側ももう当たり前のものとして認識しているのかもしれません。

 ただ、注意していただきたいのですが次に組み込めると言っても、上乗せしても払っていけるかの審査に通ること、実際通るとしても実生活に支障が無いのかしっかりと考えること、また、買う物件を探す事とご自宅の売却活動を同時に行いますので不動産担当者とよくよく打ち合わせを重ねることが大切です。


 ただ、安易に、狭いから引っ越そう、不便だから引っ越そう、部屋数が足りないから引っ越そうではなく、他に方法は無いのか、果たして本当に買い換えすることでしか対処法はないのか、しっかりと考えていくことが大切です。まずはいい相談者を探しましょう!!


本日もご覧頂き誠にありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp