プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

マメでない男がマメになるの巻

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 いきなりですがみなさんはマメな男ってどう思いますか?マメな男はモテるとよく言われてますが、そういう意味では私かやま、マメな男ではあリません!!

 まぁ、モテるモテないは別にして、実際、私かやま、もともとマメな男でなく、大雑把で、面倒くさがり屋です。

 でも仕事をしていく上で、このマメさという要素は必要不可欠です!


 私は大学卒業してから営業と言う仕事を約20年ほど経験してきました。今でも持論ですが営業と言う仕事は誰でもできる仕事で、未経験者がいきなり始められる仕事ですし、代わりはいくらでもいる仕事だと思ってます。
 本来、向き不向きはあまり無く、やるかやらないかだけで、(商品知識は必要でしょうが)特に資格なども必要ない職種です。

 ただひとつ、マメさという要素は大切になると思います。

f:id:plushome:20170715130230j:plain


 私かやまは大学を卒業し、今は広瀬すずがCMに出ている某アパートメーカー、レオパレス21(名前出とるやん・・・)という企業に就職しました。そこで無我夢中で仕事に没頭してました。徐々に結果も出始め、ある程度自信もつき始めた頃、当時の上司との確執が表面化してしまいました(自分の事ですが)。

 当時、会社内では役割分担制で最初の段階は私ども営業担当者が接客し、次の段階に行けば課長が接客、さらに次に行けば支店長が接客し、最後は会社役員が接客するという今考えれば、お客さん側からしたらおどしかよっていう営業手法でした。

 当時の私の課長は全てが自分の思い通りにならないと気が済まず、また、陰湿な嫌がらせを色々な担当者に(パワハラってやつですか?)しており、私はあまり相手にしていなかったのですが、あるきっかけで私は課長をおもいっきり怒鳴り散らし、「今後一切私に関わるな!」と大きな事を言い放ってしまいました。
 全く後悔はなかったのですが、分担制でしたので課長の段階を私が自分自身でやらなければならなくなりました。今となってはこれが自分の中で大きなきっかけのひとつだったように思います。

 当時の私は、自信が出だした頃だったので課長に負けてるつもりも全く無く(イヤな奴のようですがそんなことありませんから!!)、実際、課長の接客も毎度毎度同じことを言うだけでしたので代わりは簡単に出来ると思ってました(やっぱりイヤな奴ですね・・・)。
 ただ、やはり課長にまでなった方ですから、何かいいものを持っているはずだと観察していたところ、ありました!
 
 とにかくメチャクチャマメ

 細かく、今までのお客さんからの情報もメモしていましたし、お客さんに提出する資料も自分独自の細かい資料を作り提出していました。たぶん、このマメさが私たちによくない方向にきていたのでしょう。とは言え今さら仲直りするつもりも無かったので、とにかく、このマメさを手に入れ自分のものにしようと心に決め、今では(仕事上では)多少マメな男になることが出来たと思ってます。相変わらず家では(仕事上でも?)ぐうたら感がこぼれ落ちておりますが・・・

 営業という仕事をする上でマメさは必要不可欠です。お客さんのフォローもそうですし、連絡なども密にする必要がありますし、マメにメモを取る習慣も大切ですし、何が必要かを考え続け、必要なものは作り、改善していかなくてはいけません。

 もう会う事もないでしょうが、今となっては当時の課長がイヤな人でよかったと感謝してます。


本日もご覧頂き誠に有難うございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp