プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

登記費用を安く抑えよう!

 京都伏見小栗栖にある不動産会社プラスホームかやまです。

 いきなりですが、お家を買うにあたって登記というものがあります。いわゆる購入(売却もですが)諸費用の一部にあたります。


 登記とは何かと言いますと、不動産を購入する、相続する際に持主の方から名義を移すものになります。

f:id:plushome:20170719093547j:plain

 また、住宅ローンなどを組む際に銀行(厳密には保証会社)の抵当権と言うもの(大雑把に言えば支払いが滞った時に差し押さえますよと証明)を付けます。これも登記になります。
 これが住宅ローンだけでなく、色々なところから、お家を担保にして借金をすれば色々なところの抵当権がつけられます。色々あれば、そこに順位をつけ、返せなくなった場合はお家が売られ、その金額を上から順に借金返済に充てられます。


 こういったものが不動産の登記というものになります。(細かく言うともっとありますし、商業登記というものもありますが)

 その不動産登記の内訳は大きく分けて「登録免許税」「印紙税」などの税金と司法書士の先生への報酬の2つに分けられます。

 このなかで「登録免許税」は築年数、床面積などに条件はあるのですが今度登記する物件は自己居住用ですと証明する事によって軽減措置を受けることが出来ます。

 具体的にどうすればいいかと言いますと、司法書士の先生や不動産担当者に相談していただければと思いますが、厳密には新しく引っ越すお家の住民票が必要となるのですが、登記をする前に住民票を移転しているということは常識的にはありえないので、今現在住んでおられるところの賃貸借契約書、社宅であれば会社で社宅の証明書などを発行してもらい、親と同居であれば同居の証明書、持ち家であれば今売り出していることの証明になる媒介契約書、売買契約書などが必要となります。

 もしもどうしてもそういったものが無い、発行できないということであれば違うもので代用できます。がその都度確認していただければと思います。

 これを利用すれば登記費用が結構安く抑えられます。登記の種類にもよるので一概には言えませんが、税率が1000分の20から1000分の3まで下がりますので、場合によったら何万円も違うなんて事もあります。ぜひ利用してください!!


本日もご覧頂き誠にありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp