プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

安心したい!ならば賃貸と持家はどっちがいいのでしょうか?

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 お客さんから聞かれるテーマで、家を買うのと借りるのどっちがいい?とよく相談を受けます。このブログの中でも何度か書きました。色々な本やサイトなどでも取り上げられています。ただ、正直答えは無いと思います。

 私どもプラスホームは賃貸も行っておりますがメインは不動産の売買を行っております。さらに私自身も家を持っておりますのでどうしても家は買った方がいいと思ってます。


 家を買った方がいい最大の理由は安心できるからです。


 このご時世、住宅ローンなんて大きな借金を持つこと自体馬鹿げている。そんな意見もよく聞きます。
 確かに一理あるのかもしれません。でもそれは家に住むことに対して何のお金も発生しない方にのみ言える事なのではないでしょうか?


f:id:plushome:20170530092821j:plain

 大半の方は家を持っていなければ、賃貸住宅を借り、そこに家賃が発生します。借金しなくても払い続けなくてはいけないのは同じです。それも住み続ける限り一生。リストラされる、定年退職するなどで職を失っても住み続ける限り家賃は発生するのです。

 これからますます高齢化社会となり、ひょっとしたら定年の年齢も上ってくるかもしれません。それでも定年を迎えて収入が無くなり、もしくは減っても同じ家賃を払い続けなくてはいけないのです。住宅ローンは借金という言葉のせいでリスクが高い気になってしまいますが、30年、35年と時が経てば一旦終わります。もちろん終わるころにはその資産価値は大きく減っているでしょうが資産が残り、その後もずっと住み続ける事が出来ます。(もちろん修繕などは必要になってくるでしょうが。)

 住宅ローンを払っている間に何かあったらどうする?という意見があります。この何かというのは賃貸住宅であっても起こる可能性があります。何かあったとき賃貸なら住み替えられる。そうおっしゃられる方もいるでしょう。でも家賃の低いところに住み替えたとしてもそう大きく下がる事は無いですし、しかも初期費用が発生します。その初期費用の負担があるのです。何かあったときのことを考えてしまうのであれば持家であれ賃貸住宅であれ起こりうることですし、むしろ、何かあったときに資産として家を持っていれば何か色々な方法が考えられるような気がするのです。

 また、ご主人が重い病気になったとき、もっと言えば亡くなられたとき、今は多くの方が共働きとはいえ、世帯収入の多くが減ってしまいます。その際に団体信用生命保険があれば、住宅ローンが無くなり、住んでいる家だけが資産として残ってくれます(ケースによる)。これからどうしようかと不安になっている時にこれほど有難いことは無いのではないでしょうか?

 借金して家を買うよりも一生家賃を支払い続ける賃貸の方が私にはリスクが高い気がするのです。

 これはあくまで私の思いですので、人それぞれ捉え方だと思いますから賃貸の方がいいとおっしゃられる方もたくさんいらっしゃいます。ただ、住宅ローンが怖いと言われる方は少し冷静に考える事も必要だと私は思います。

 とは言っても大きな借金である事は間違いないですから怖いのは当たり前なんですが。


本日もご覧いただき誠に有難うございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp