プラスなブログ

京都市伏見の不動産会社プラスホームのブログ。地域の話題と不動産の話。

キングコング西野さんが書く魔法のコンパスを読んで

 意外と読書家の京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 結構、読書が好きで(と言ってもここ4~5年くらいですが)合間を見つけては月に2~3冊ぐらい読んでます。
 ジャンルにはこだわっているつもりはないんですがどうしても興味あるものに偏ってしまいがちですね(笑)。ミステリー小説系とかハードボイルド系とか、最近は特に仕事柄と言いますか、企業家の方が書かれたような本とか、仕事関係の本が多いです。

 ただ、そもそも本を読む目的が自分の知識や視野を広げたいという目的で読んでますので自分に興味あるものばかり読んでもダメだと思ってます。だからたまに、あまり思ってないような本を読んだりします。


 先日、キングコング西野さんが書いた「魔法のコンパス」という本を読みました。西野さん自体の人柄などはテレビで拝見する印象しかないのですが、ネタや話は面白いとは思い、実力は認めていましたが(偉そうですね)、正直、上から目線というか人としてはあまりいい印象は持っておりませんでした。


 でも、ダメですね、私。完全に先入観の塊でした。読んで印象はガラリと変わりました。まず、そもそも、私は西野さんが芸人を辞めたと思っていました。
 ですが、実際はそうではなく、西野さんはもっと芸人と言う枠組みを大きく捕らえ、彼の中の枠組みの芸人を極めるための絵本作家であったり、色々な取り組みだったんです。


 私は物事を小さな枠組みで捉えがちで先入観で物事を見てしまいがちです。もちろん出さないようにしていますが、そんな自分がイヤで変えたいとずっと思っています。ずっと意識して、すこしづつ変わってきているつもりですが、なかなか変わらないもんですね。

 ただ、この本を読んで改めて、先入観の不必要さを感じました。中身については私が述べることも書くこともありませんが、それだけでなく、なるほどと思ったこともたくさん書かれていました。おもしろいです。
 よくありがちなそんなことは分かってます!と心の中で突っ込んでしまいそうな事だけ書かれた本とは違って、彼の頭の中をそのまま(もちろん一部でしょうが)惜しげもなく出している気がします。仕事のヒントとなるような事もたくさんありました。


 常に問いを持ち、その問いに対して答えを探し自分自身で体験し、今度は違う角度から物事を見て、また答えを探す。
 これからも西野さんの行動、書いた本はチェックしていきたいと思います。


 まずは立ち読みで目次だけ読んでもらってもなかなか興味がわくのではないでしょうか(私がそうでした)。


 ちなみに西野さんがこの本の中でおススメしていた藤原和博さんの「必ず食える1%の人になる方法」もおもしろくてあっという間に読んじゃいました。こちらはまたの機会に。



今日もご覧頂き誠に有難うございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp

家を探すことに迷子になっちゃいました・・・

 梅雨ですね。京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 お家を探しているとよく「見ているうちに何がいいのか分からなくなった」というお客様がいらっしゃいます。迷子になっちゃうんですね。


 これは、以前にもお話しましたが、最初の準備段階で何となくいいかもと思った物件に問い合わせ、不動産会社とよく話もしないまま、そのお家を見て、やっぱり何となく違うと感じ、断ってしまった。そしてそれを繰り返す方に多いような気がします。

 お家というものは普通の方はもちろん今まで住んだことのある家しか使ったことがないので大半の方は圧倒的に情報不足、経験不足なのです。その少ない経験で、さらにチラシやインターネットの情報だけで何となくいいかもと思った物件に問い合わせ、見て、何がいいのか、何が悪いのか分からない。当たり前の事ですよね。

 まず、チラシやインターネットをチェックするのは大切なことです。ただ、それと同時に自分たちは何を求めているのか整理することはもっと大切です。間取りなのか、地域・場所なのか、環境なのか、資産価値なのか、築年数や新築であることなのか、設備なのか、陽当たりや風通しなのか、条件はそれこそ無数にあります。
 まずは、それらをまとめ、考えうる限りの条件を挙げましょう。そしてそれらに順位をつけて自分たちにとって何が大切であるかを認識しましょう。そうすれば迷子になることは少ないと思います。
 よく、そんな全ての条件を満たすお家はないと言われます。確かに一理あるとは思います。でも最初から諦めては見つかるものも見つかりません。

 
 一生暮らすお家を探すのですから贅沢にいきましょう!ワガママにいきましょう!!


 ただ、実際に迷子になってしまったらどうすればいいのか。立ち止まりましょう!大体、迷子になられる方は、期限などがあり、ここまでに探さないとというある種の強迫観念のようなものを自分で植え付けてしまってる方も多いです。確かに期限は大切かもしれません。でも住むお家を買うという事はもっと大切なことです。期限に左右されてはいけません。少し立ち止まって、休み、もう一度自分たちは家に何を求めてたのか思い返してみましょう!

 アセってはいけません。不動産は縁のもの。これ以上いい物件はありませんよ。そんな言葉におどらされず楽しく探しましょう!!


今日もご覧頂き誠にありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp

果たして自分が生まれたことにどんな意味があるのか

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 今日は少しまじめな話を書きたいと思います。昨日、海老蔵さんの会見がありました。それについては本人が察してくださいと言っている以上関係のない私がとやかく言うことはありません。


 ただ、人はいつその命に終わりがやってくるのかはわかりません。ということを改めて痛感しました。普段、なんとなく生きていると、永遠に生きているのではないかと錯覚してしまいます。でもかならずそのときはやってきます。

 私もずっとなんとなく生きてきました。それは結婚し、子供が生まれ、守るべきものができても変わりませんでした。もちろん、それなりに一生懸命がんばっているつもりでしたし、家族に何か残せるように頑張ろう、そんな気持ちでそれなりに頑張っているつもりでした。

 つもりだったのです。


 ところが、東北の大震災が起こりました。それ自体は、私も京都で生まれ、育っていましたので阪神大震災を経験しています。自分自身に被害は全くなかったのですが友人の家が半壊だったり、友人の友人は家族を亡くしたりという経験もしていました。
 ただ、どこか現実離れというか遠い出来事のようにも思えていたのです。実際に阪神大震災のときは近くの出来事であったにもかかわらず、何もできませんでしたし被災地に行くことすらできませんでした。

 東北の震災が起こった一年ほど経った後、機会があって現地にいくことができました。仙台空港を降り、何も無い状況に愕然とし、海沿いを走ると、どこまでも何もない状況、たまに、鉄骨がむき出しになった建物が残っており、道路などの修復作業も中途半端にほったらかされていたりしている状況でした。現地の方はみな明るく「こんな街に来てくれただけで感謝です」と前向きに頑張っておられました。

f:id:plushome:20170624100029j:plain
松島の海は変わらずきれいな景色でした。



 でも私はこの状況を見て愕然とし、何も言うことは出来ませんでした。ただ、夜帰って一人ホテルの部屋で考え、ひとつだけ、決意したことがあります。
 「人はいつその命が尽きるか分からない。おそらくいつ尽きても絶対に後悔するだろう。でも少しでも家族に何か残したい。ひとりでも多くの人に感謝されたい。」

 そんな決意を抱きました。私が出来ることなんてたかがしれてると思いますし、何も出来ないで終わるかもしれません。でも何かせずに終わるのはイヤだと思ったんです。
 自分で会社を立ち上げ自分を経て家を買ってもらい、少しでも多くの方に幸せになってもらうことができれば素晴らしい。自分がいなくなっても自分が関わることの出来た幸せな家族が街にたくさんいるというのは素敵なことじゃないかと思ったのです。


 昨日、海老蔵さんの会見を見て、正直、どちらも無念だっただろうと思いました。自分もいつかそのときを迎えたとき必ず、後悔すると思います。でも、後悔するんだから何をやっても一緒と思ってしまっては生まれたことに意味がない。大した事は出来ないかもしれない、偉そうに言うのはただの傲慢かもしれません、誰も幸せにすることなんてできないかもしれない。でもせっかく生まれてきたんだから誰かに幸せですと言ってもらいたいし、それこそが人が生まれてきた意味なのではないかと思ってます。



今日もご覧頂き誠にありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp

キャンプが好きでして・・・

 京都伏見小栗栖の不動産会社プラスホームかやまです。今日はいい天気。週末は雨模様の予報でしたのでお洗濯は今日ですね!!

 さて、私かやま趣味のひとつにキャンプがあります。ここ2年ほど行けてませんが・・・

 ホームは滋賀県の高島にあるマキノ高原です。

f:id:plushome:20170623083823j:plain

続きを読む

京都伏見にある納屋街商店街の伏水酒蔵小路に行ってきました!

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。

 昨日はお休みだったのですが奥さんもお出かけしておりヒマだったのでお昼までに仕事をちゃちゃっと片付け、以前から気になっていたスポット「伏水酒蔵小路」に行ってきました。

f:id:plushome:20170622082117j:plain

続きを読む

物件案内へ行こう!

 京都伏見の不動産会社プラスホームかやまです。やっと雨が降ったなと思ったらものすごい降ってますね。極端過ぎるなぁ・・・


 さて、お家を探すにあたっていきなり物件から入らないほうが良いという事は何度か当ブログでもお話しました。
 まずは自分に合った(人によって合う、合わないの基準の違いはあるでしょうが)不動産の担当者を探すことが大切なのは間違いないです。

 自分に合った担当者を探し出せたならお家探しはもうほとんど成功したも同然ですと少し大げさに書いたこともありましたが、実際に探し出せたとして、次はいよいよ物件選びをしていかなくてはいけません。

f:id:plushome:20170518102105j:plain

続きを読む

住宅ローンが残っているのにお家を買い換えるってできる?

 京都伏見の小栗栖にある不動産会社プラスホームかやまです。明日からいよいよ雨が降るのかと思ったら、明日だけのようですね?水不足大丈夫でしょうか?

 さてさて、お家を売りたいんだけどいくらぐらいで売れる?というお問い合わせは当社にもよくあります。そのときに私たちが必ず聞くのが「なぜ売るんですか?」という質問。お家を売るにあたり実はこの売る理由が大切なのです。


 最近多いのが離婚、お金が必要、転勤、買い替えです。中には興味本位のお問い合わせだったりすることも多いですが、一番多いのが買い替えでしょうか(最近は残念ながら離婚がかなり増えています)。

 買い替えと一言で言っても子供も大きくなってきて、部屋を増やしたい、大きくしたいという買い替えだったり、逆に子供が独立して部屋が多すぎるから小さくしたいという買い換えもあります。

 小さいところに買い換えたいと言う方は大体、ご年配の方で、住宅ローンもほぼひと段落しており、売れた金額で次のお家を買うという方も多いのですが、大きなお家に買い換えたいと言う方は、住宅ローンも多く残っており、最近は諸費用も含めてローンを組まれるので、物件価格以上のローンを組まれている方も多く、お家を売る金額以上のローンが残っている方も多いのが実情です。

 そうなると、売った金額では住宅ローンを返すことが出来ません。だとすれば、買い換えってできないの?そんな方もたくさんいらっしゃるでしょう。
 結論を言えば、住宅ローンが残っていても買い換えはできます。

 売った金額-住宅ローン残額=マイナス

 このマイナスを次、買い換える住宅ローンに組み込むことができるのです。昔は買い換えローンなどと言って商品があったのですが、最近は単体での商品と言うものはあまり目にしないですが、おそらく銀行側ももう当たり前のものとして認識しているのかもしれません。

 ただ、注意していただきたいのですが次に組み込めると言っても、上乗せしても払っていけるかの審査に通ること、実際通るとしても実生活に支障が無いのかしっかりと考えること、また、買う物件を探す事とご自宅の売却活動を同時に行いますので不動産担当者とよくよく打ち合わせを重ねることが大切です。


 ただ、安易に、狭いから引っ越そう、不便だから引っ越そう、部屋数が足りないから引っ越そうではなく、他に方法は無いのか、果たして本当に買い換えすることでしか対処法はないのか、しっかりと考えていくことが大切です。まずはいい相談者を探しましょう!!


本日もご覧頂き誠にありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


www.plushome-kyoto.jp